ページの本文へ

全省庁統一資格の取扱いについて

いつもgBizINFOをご利用いただきありがとうございます。
このたび、gBizINFOで掲載する「営業品目」の情報について、より法人の営業実態に即した情報を提供するため、表示方法の変更を行うことといたしました。

変更の詳細は以下をご覧ください。

(1) 法人プロフィール画面、法人プロフィールPDF

これまで、「営業品目」の欄では、全省庁統一資格サイトの営業品目情報を日本標準産業分類に変換して表示しておりましたが、今回の更改より、全省庁統一サイトの標記名のまま表示いたします。
また、これまで届出・認定情報として公開しておりました全省庁統一資格の「資格の種類」「資格等級」とあわせて公開いたします。
プロフィールサンプル画面

(2) CSVデータ

1.営業品目に関する変更点
 CSVにて提供するデータの格納コードは更改前と同様、全省庁統一資格の営業品目コードです。  
 営業品目コードは以下のCSVファイルに収録されています。
 ・基本情報CSVファイル
 ・法人活動情報CSVファイル(届出認定情報)(法人活動情報語彙対応版)
 
2.資格等級に関する変更点
 法人基本情報CSVファイルのレイアウト変更(資格等級を末尾に追加)を行っています。
 資格等級は法人活動情報CSVファイル(法人活動情報語彙対応版)の届出認定情報からのみ取得可能でしたが、
 法人基本情報CSVファイルから資格等級が新たに取得ができるようになります。
 詳細は「リソース定義書」を参照してください。
 

(3) 情報提供REST API

今回の更改による、営業品目以外のデータ取得方法の変更はありません。
営業品目情報については、以下の変更点がございます。

1.検索API「/v1/hojin」の変更点
 「資格等級」を詳細に絞り込み検索可能となります。具体的には以下の入力パラメータが追加となります。
 (それぞれA~Dで指定可能です)
  ・unified_qualification_sub01(全省庁統一資格の資格等級(物品の製造))
  ・unified_qualification_sub02(全省庁統一資格の資格等級(物品の販売))
  ・unified_qualification_sub03(全省庁統一資格の資格等級(役務の提供等))
  ・unified_qualification_sub04(全省庁統一資格の資格等級(物品の買受け))
 
2.情報取得API(「/v1/hojin」以外)の変更点
 次の2点に変更があります。
  ・営業品目「business_items」
   取得できる値は日本標準産業分類の日本語名でなく、営業品目のコード値になります。
   コード値についてはコード一覧の「2 格納データ項目詳細」を参照してください。
  ・資格等級「qualification_grade」
   任意のAPIから法人基本情報として資格等級が取得可能となります。
   返却値は”X、X、X、X”となり、資格等級を保有している場合は(A~D)、保有していない場合は空文字となります。
   それぞれ”物品の製造、物品の販売、役務の提供等、物品の買受け”の順に対応しています。
 
 REST API仕様ページ

ページトップへ